主婦が快適な生活をするために、時短になるアイデアや便利商品みつけた!

オオギイチ のれん


  • いいもの見つけた

スポンサードリンク

創業137年の【末廣醤油株式会社】へ行って来ました。

行ってみたいと思っていた
醤油工場の工場見学
 
たまたまですが、実現することができました。
 
先週の11月23日の日曜日、
兵庫県たつの市の皮革まつりで
街の中を散策していたところ
醤油工場の見学ができました。
 
創業137年
 
こちらの末廣醤油株式会社さん
(オオギイチ)、なんと
創業明治12年(1879年)、作り続けて137年の老舗です。
 
 

===============

はじめまして!管理人のKINOです。
当ブログにお越し頂き、ありがとうございます!
はじめてお越しの方は、
こちらの『はじめての方へ』をお読み下さい。

===============

 
兵庫県たつの市は、薄口醤油の産地として近隣では、よく知られていますが、
こうした天然醸造醤油造りをしているところは、数少なくなってきているそうです。
 
国産原料100%で小麦も100%使用の天然醸造にこだわった
伝統的な醤油造りを行っているそうです。
つまり、貴重な醤油造りをされているところなのです。
 
こちらが仕込みの蔵の中です。
 
 
醤油の仕込み
 
醤油樽
 
こちらが18ヶ月熟成させた様子です。
醤油の仕込み
酵母がボコ、ブツと
音を立て、生きている〜っていう感じです。
ここ  必見!!です。
 
工場の方に丁寧に説明をしてもらいました。
 
醤油の材料
 
 
 
原材料はこだわりの国産です。
○塩はミネラルたっぷりの自然塩
○国産の大豆
○国産の小麦粉
 
 
海水の塩分濃度が3%程度の塩の分量に対して、
こちらでは、24%以上の塩水だそうです。
 
その濃い濃度の塩水に
蒸した大豆、炒った小麦粉を加えて混ぜ合わせ
るのだそうです。
 
濃い濃度の塩水の中で、生き残った麹菌、
また、外部からの来客などによって持ち込まれた菌
などが入り混じっても
さらに生き残っていくのだそうです。
 
 
そして、その後  熟成させる工程のようです。
我が家用に購入したお醤油が
こちらです。(500ml)×2本 大きめのもので、
普段のの料理に使ってみたいと思います。
薄口しょうゆ、濃い口しょうゆ
気になる商品は、他にもありました。
なんと楽天でも購入することができます。
種類は違いますが購入できるお醤油はこちら。
老舗のこだわりの醤油、贈答品にもよさそうです。
 
こちらから、購入できます。

↓  ↓  ↓

 

 

 


スポンサードリンク



Pagetop