主婦が快適な生活をするために、時短になるアイデアや便利商品みつけた!

困った


  • いいもの見つけた

スポンサードリンク

風邪の予防に加湿器が欲しい

 今年の冬は乾燥がひどく、

風邪を引いている人が多いようです。

インフルエンザも流行中だとか。

自宅の寝室には加湿器があるのですが、

自分が一番長く居る部屋にも

まだ購入を決めたわけではありませんが、

加湿器が欲しいと検討中です。

ただいま風邪気味で喉が痛いのです。

こんな時、加湿器があればよかったのかも?と

加湿器があれば、

なぜ風邪予防になるのか?

空気が乾燥していると ウイルスは

様々な所に飛んで行きます。

湿気があればウイルスは飛散しにくくなります。

空気が乾燥すると

人は喉や鼻の粘膜の機能が弱まって

適度な保湿が必要になってきます。

適度な保湿とは50%から60%だと言われています。

乾燥するとウイルスの飛散の問題と

人間の粘膜の機能の弱まりから

風邪になりやすくなります。

 

湿度は、50%から60%がよいのですが、それを超えると

カビが生えたり 、結露が発生します。

逆に40%以下だとインフルエンザにかかりやすくなります。

なので、部屋のどこか見えやすいところに

湿度計があると良いですね。

そこで、

加湿器にどんな種類があるか

簡単にまとめました。(箇条書きです。)

 

【スチーム式】

水を沸騰させてお湯にして、スチームにするもの。

 

メリット

即効性があり、パワーがある。

目に見えて加湿していることがわかる。

お手入れは、2か月に1度程度。

デメリット

電気代は高い。吹き出し 口が熱くなるためやけどの心配もある。

 

 

【気化式】

フィルターに含んだ水を含んで気化させ加湿するもの。

濡れタオルを部屋に置く状態に似ている。

 

メリット

やけどの心配がなくて、電気代が安い。

デメリット

加湿能力が弱め、 熱を発しないため部屋の温度が下がる場合もある。

 

  

【超音波式】

超音波の振動によって 微粒子に形を変える

 

メリット

消費電力が少なく、 電気代が安い。

ミスト噴出なので、 加湿されている感じがある。

デメリット

こまめな手入れが必要。

 
  

【ハイブリット式】

空気清浄機などの他の機能を加えた高性能な加湿器

 

メリット

気化式の弱点を補って、 加湿能力がアップしている

電気代は控えめ

音が静か

やけどの心配が少ない

デメリット

値段が高い

他と変わらずお手入れは必要

  

市販されているものには、

次々とデザイン性が優れたものがありますが、

水の中で雑菌が繁殖し、それが原因で

気管支系の病気になっては

いけないので、とにかくお手入れが簡単で

シンプルな構造であること、さらに

消費電力が少ないことが私が選びたい

ポイントです。

 

さて、1000円代~40,000円台まで

値段に幅があるので、

さらに悩ましいですね。

購入するかどうか、

もう少し、検討してみたいと思います。

こちらも気になります。

 

こちらから、購入できます。

↓  ↓  ↓

  

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク



Pagetop