主婦が快適な生活をするために、時短になるアイデアや便利商品みつけた!

本


スポンサードリンク

【ユダヤ人大富豪の教え 】 本田健著 を読みました。

幸せになるためには、

私が今思いつくことを

5つを挙げるとすると

 

・健康

・お金

・人間関係

・時間

・自分軸を持つこと

 

です。

 

お金の事は大切なはずなのに、

話せない、タブーな感じが

あります。

===============

はじめまして!管理人のKINOです。
当ブログにお越し頂き、ありがとうございます!
はじめてお越しの方は、
こちらの『はじめての方へ』をお読み下さい。

===============

学校でも教えてもらえません。

ほとんど家庭でも教えてもらえません。

 

なので、本を読むしかないのです。

 

著者の本田健氏は、

神戸生まれ。

経営コンサルティング会社、

ベンチャーキャピタル会社など、

複数の会社を経営する「お金の専門家」

です。

 

この本の中には、

いくつもの心に響く言葉があります。

心に留めておきたいので、

一部をご紹介いたします。

 

私が心に留めておきたいなと思った

こと (●で示してみました。)

 

 

アメリカに滞在中の著者が、

当時20歳の学生の時に出会った

ユダヤ人の大富豪との

会話が綴られています。

 

 

●「その人が真剣に

人生を変えようと決めるまでは、

何も変わらないのだ」

 

 

確かに、本気度が必要です。

生半可では成功できません。

 

 

●「今は決断しないでおこう」という決断だ。

 

このこと、よくあります。先延ばしにしても

同じ問題が、

今よりも悪化した状態で、出現します。

だから、できるだけ今、決断した方が

よいと知ればいいのです。

 

●「失敗は、未来に絶望した時と、

過去の体験を無駄だったと

判断したときに確定するのだ」

失敗とは、諦めてしまったときにのみ

起こる現実。

 

私がやりたいことで、

今までうまくいかなかったことが多々ありますが、

まだ途中であり、過程なのです。

 

●「お金は社会の中を流れる川のようなもの」

 

日本人はお金がなくなることを

常に心配して、ため込んでしまう

ところがあります。

 

気持ちよく使う、価値のある使い方

をしたいものです。

 

成功することを恐れている心

があることも書かれていました。

 

確かに、「恐れている」

気持ちがある人は私を含め、

多くいるようです。

 

その恐れを払拭しようと思った人

は、是非 本を読んでみてください。

 

 

Amazonでご購入の方はこちらから

 

 

 

楽天でご購入の方はこちらから

 

 


スポンサードリンク



Pagetop